スタッフプレーヤー「スイング自己診断」 重永亜斗夢編

プロゴルファーは、自分のスイングに対してどんなことを考え、どんなところに気をつけているのでしょう。そこをより詳細に知ることができれば、もしかしたらアマチュアも少しは、憧れのプロのスイングに近づけるのかもしれません。スタッフプレーヤーが映像を見ながら、スイングの自己分析を行うこの企画。今回は、重永亜斗夢プロの登場です。重永プロのスイングと言えば、素早くスパッと振っていく印象ですが、自身ではどんなイメージを持っているのでしょうか。

スタッフプレーヤーの「スイング自己診断」 重永

「“閉じまくって”いるところが、いまは気に入っています」

 スイングは、昔から全然変わっていないです。子どもの頃、イメージしていたのは、田中秀道さんです。キレキレのドローボールがすごく好きだったんです。でも、完全にマネをしようとは思っていませんでした。まったく一緒にはなりませんから。自分のなかで、イメージをしただけです。
 自分のスイングのクセのようなものといえば、頭がすごく残るところと、体が閉じてスイングしているところですね。そういうふうにしかならないんですよ。もともと自分は、痩せていて小さく、非力でした。だから、クラブの重さを活かして、いかに遠心力で飛ばすかと考えたとき、いちばん重い頭を中心にして遠心力で飛ばしていたということです。また、体が閉じるとか開くとかいったことは、子どもの頃はわからなかったのですが、体を閉じないとクラブは走りませんし、それは力がなかったから自然にできていたということですね。
 だいたいプロゴルファーでも、インパクトでは体が開いて当たっている人が多いのですが、自分はどちらかというと、“閉じまくって”当たっています。ほかの人のスイングと比べると、この部分がすごく違っていたので、以前は嫌な印象だったんです。でも、周りの人からすると、この閉じたスイングがいいようで、「こういうスイングだと、ボールコントロールが良くなる」みたいなことを、よく言われたりもします。だから、いまは自分のなかでは、気に入っているポイントですね。ほかの人には、なかなかできないところだと思うので。ボールコントロールというのは、ボールをつかまえるというところなんだと思います。自分では、正直よくわからないんですけどね。

アドレスでは何を考えているか、自分でもわからない感じ

 ただ、年齢を重ねていくと、このスイングはできないかもしれません。いまのうちだけでしょうね。それは自分でもわかっていて、あとあと痛い目に遭うと思っているので、いまのうちに稼いでおかないと(笑)。
アドレスでは何を考えているか、自分でもわからない感じです。それこそ考えたことがないです(笑)。自然と上げて降ろしているだけです。たとえばどこにクラブを上げようとか、そういうことはありません。本当に感覚でやっています。子どもの頃からやってきたスイングが体にしみついているので、もう何も考えずに打っているという感じなんです。

スタッフプレーヤーの「スイング自己診断」 重永亜斗

リズムって何なんですか? リズムは、人それぞれです

 “いまはああだったから、こうしよう”というのはありますよ。たとえば、いまは右手に力が入っていてスライスが出たから、次は左手を強く、右手はそこまで力を入れないイメージで、とか。でも、手のことはそんなに考えることはないですね。自然とその調整ができている感じです。リズムも、速いからちょっとだけ遅くしようとか、遅くなりすぎたから、ちょっと速めにしようとかいったことは、考えたりします。速くても曲がるし、遅すぎても曲がるんですよね。バックスイングが速くなると、切り替えしも速くなるから曲がるし、遅くなりすぎると、下半身が早く行き過ぎるので、それもまた曲がります。ちょうどいいところの速さ、ほどよい自分のリズム、タイミングですね。ちなみに、自分はリズムが速いので、よく、「リズム、リズム」と言われたりしますが、ならば、そのリズムって何なんですか? という話になります。「速いから、遅くしろということなんですか? もともと速いので、遅くしたら当たらないですよ」と。リズムは、人ぞれぞれです。

スタッフプレーヤーの「スイング自己診断」 重永亜斗

球筋に対して、逆のボールが出る動きをすれば直るだろうというやり方

 練習のときも、そのときの調子が悪かったら悪かったなりの考え方がありますし、良ければ考えずに、これでいこうとなります。たとえば自分は、右に行くときが、すごく気持ち悪いんです。そうなっているときは、すごくインサイドから振ったり、スタンスをものすごくクローズにして打ったり、クラブを被せたりすることもあります。
出た球筋に対して、逆のボールが出る動きをすれば直るだろうというやり方です。極端にやっていけば、直るかなと思っているので。ただ、体の調子もあるので、それで直らないときは直らないですし、次の日打ってみたら直っているということもありますから、本当に日替わりですね。

重永亜斗夢
出身地:熊本県
生年月日:1988年9月14日
出身校:日本大学

<人気企画! スタッフプレーヤーの「スイング自己診断」>
何も考えずにスパーンと振れたときの感じを大事に 上田桃子編