どんな1週間を過ごしているのか? 「ツアーバンのお仕事」

ツアー会場には、毎試合、ツアーバンがやってきて、プレーヤーたちのクラブの調整などを行っていますが、実際にはどんな作業をこなしているのでしょうか。また、何が積まれていて、どのように日本中を旅しているのでしょうか。装備されている道具や備品、そしてスケジュールなどを、ツアー担当者がご案内します!

ゴルフトーナメントは男子の場合は4日間競技で通常は木曜日〜日曜日、女子の場合は3日間競技で通常は金曜日〜日曜日で開催される場合が多いです。プロアマも含めて、プロがトーナメントコースで練習ラウンドを行う週の前半、月曜〜水曜までがツアーバンが活躍する期間なのです。
ツアーバン、ツアー担当の我々は月曜日もしくは火曜日に会場入りをし、練習ラウンドが行われる日にプロのクラブ調整をします。プロと一緒にクラブ調整をするのは、本戦が始まるまで。試合が始まればツアーバンは次の試合会場へ向かうか、翌週試合がなければ車庫に入ります。ツアー担当者は試合初日までは会場にいますが、それ以降は会社に戻り仕事をします。

ツアーバンのお仕事

ツアーバンは全国を回ります。陸路を走って移動したり、場所によってはフェリーで移動したりします。キャロウェイは男子と女子、それぞれのツアーバンを所有していて男子の場合は月曜日に、女子の3日間競技の場合は、火曜日にツアーバンが会場に入りますので、われわれツアー担当もそれに合わせて会場入りします。 

ツアーのお仕事

ツアー中、われわれがもっとも忙しいのは、火曜日(男子プロ)、水曜日(女子プロ)です。火曜日もしくは水曜日が練習日なのですが、プロアマ前日に会場に入ってくることが多いです。そして、水曜(男子プロ)、木曜日(女子プロ)いっぱいまで作業をして、試合初日にツアーバンは会場を後にします。われわれは、試合初日は選手たちについて回ったりしてから帰ります。そして翌週の月曜日に東京の本社に出社し、その週の会場に送るものを準備して発送したりといった作業をします。

ツアーのお仕事

試合会場での1日は、だいたい7時くらいからスタートして、遅い時は21時くらいになるときもあります。クラブハウスが閉まって、何度か閉じ込められたこともありますよ(笑)。男子と女子では、女子のほうが遅くなることが多いです。選手たちと雑談を含めて、いろんな話をする機会が多いからというのもありますし、女子の方がいろんな選手からキャロウェイやオデッセイのクラブを使いたい、調整してほしいと訪ねてくるからです。

ツアーバンのお仕事

ツアーバンは、国内男子ツアーと女子ツアーそれぞれに用意されています。モノが置いてある配置などは違っていますが、どちらも中身はほぼ同じです。ツアーバンでできないことは、ほとんどないですね。ネックを溶接したりといった特殊なこと以外は、なんでもできます。

ツアーのお仕事

グリップ交換やシャフト交換はもちろん、選手の要望でクラブを1本組み立てたり、ロフト角やライ角を調整したり、ウッドのヘッド内にグルーというネバネバした素材を注入して重さや重心を調整したり、鉛を貼ったり、ヘッドを削ったりといったようなことですね。

ツアーのお仕事

クラブ調整のための器材としては、ウェッジのソールを削ったりするグラインド、削ったヘッドをきれいに仕上げるバッファー、ヘッドを挟んでロフト角やライ角を調整する万力、スチールシャフトやカーボンシャフトを切るためのシャフトカッターなどがあります。また計測機器としては、重さを測る量りはもちろん、シャフトの硬さの目安の一つである振動数を測る計測器や、ロフト角、ライ角の計測器もあります。

ツアーのお仕事

キャロウェイのツアーにだけあって他社さんにはないものとしては、パター専用のロフト、ライ計測器があることが挙げられます。オデッセイがあるからこそです。ほかには、ヘッド、シャフト、グリップ、スリーブや錘などがたくさん用意されています。ツアーバンの両サイドにある引き出しに分けて入れてあります。引き出しは区別して把握するために、キャロウェイ・スタッフプレーヤーのところ、契約にとらわれずキャロウェイのクラブを使っているプレーヤーのところ、という具合に、分けてあります。
ツアーのお仕事

グリップやシャフトは、試合会場で、メーカーさんがやって来て補充してくれます。
ツアーのお仕事

またヘッドは、1モデルを、ロフトごとに常時5個ずつ載せています。ウェッジがいちばん数が多いですね。1ロフト5個ずつが、48°から60°までありますので。試合によってまちまちですが、一気になくなって、「すみません、今週分は全部売り切れました」といったこともけっこうあります。もちろんスタッフプレーヤーは最優先なので、彼らのスペアのヘッドは別に用意してあります。

ツアーバンのお仕事

ツアーバン内は狭いですが、とっても機能的につくられています。PC作業も可能ですので、ここで選手のデータ入力なんかもできます。

ツアーバンのお仕事

冷蔵や電子レンジもありますよ。クラブ調整に来たプロが休憩したり、練習を終えたプロが遊びにきたりするので冷蔵庫には飲み物を常備しています。
ツアーバンのお仕事

ランチは会場近くのコンビニで買ってきて、ツアーバン内にある電子レンジで温めて食べることが多いです。

ツアーのお仕事

ツアーがオフのときはファンイベントとして「キャロウェイ ツアーバン フィッティングイベント」なども開催していますので、そのときはぜひこのカッコいいバンを見に来てくださいね!

ツアーバンのお仕事

<ここでしか読めない、ゴルフの舞台裏シリーズ!>
XR 16ドライバーの“スピード・ステップ”開発に協力した ボーイング社の「世界最大級工場」探訪
石川遼「クロム ツアー ボール」発表会の舞台裏
スタッフプレーヤーが「XR 16 シリーズ」を手に大集合! “キャロウェイ キャンプ”レポート