BIG BERTHA BETAで「トム・ワトソンと夢のラウンド!」密着レポート

今年の春、BIG BERTHA BETA シリーズご購入の方を対象とした「BIG BERTHA BETA トム ワトソンと飛距離を取り戻せ。」キャンペーンが実施されましたが、その賞品の目玉であったトム・ワトソン本人とのラウンドが、10月中旬に行われました。とっておきのひとときへの参加権を手にされたのは、8人のアマチュアゴルファーのみなさん。果たして、どんな夢のような時間が展開されたのでしょうか。

当日は大雨というあいにくの空模様にも関わらず、にこやかな表情で会場の千葉県・カメリアヒルズ カントリークラブに現れた“レジェンド”。厳しい天候にも見舞われる全英オープンを5度も制しているだけあって、日本の雨はまったく問題なしといったところでしょうか。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

イベント開始前にスピーチするワトソンは、早速、参加者のみなさんにワンポイントアドバイス。「雨のときは足が沈みがちになるので、その分、グリップも短めに持ったほうがナイスショットできるよ」。なるほどー。勉強になります!
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

1番のティーインググラウンドに移動して、まずはワトソンがドライバーショット! ワトソンはボールの方向を見ていますが、写真をよく見てみると、ボールはティーペグに乗ったまま!? 参加者のみなさんを和ませるための、ワトソンの心優しい「空振り」の始球式でした。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

今度こそ、本当の第1球。BIG BERTHA BETA ドライバーから放たれた赤と白のCROME SOFT TRUVISボールは、降り注ぐ雨をものともせず、力強い弾道で飛んでいきました。若き日と変わらぬ、豪快で、かつ流れるようなスイングを直接目の当たりにし、誰もが感動。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

今度は、1人目の参加者のドライバーショットとなりましたが、この方がアドリブで見事なエンターテイナーぶりを発揮。お返しとばかりに空振りです! これには、さすがの新帝王も大ウケ。2人の粋なやりとりのおかげで、笑顔に包まれたラウンドスタートとなりました。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

常に優しく、笑顔で参加者の方々に接してくれるワトソン。今回の8人の参加者のなかには、女性ゴルファーがお一人いらっしゃいましたが、ドライバーショットでアドレスに入る前に、傘を差してあげるサービスを。本当に見た目通りの、まさしくジェントルマンです。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

グリーン上で、一人ひとりにパッティングのターゲットを教えてくれるワトソン。また、ある参加者の強めのパッティングには、「アーノルド・パーマーのようだね」との言葉もありました。なお、ワトソンはこのイベントの前週に、パーマーの追悼式に参列してきたそうです。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

参加者の1人の方が、キャッシュインタイプのクラシックなパターを使っているのを見つけて、「very very new putter!(とても、とても新しいパターですね!)」と、ジョークを言うワトソン。こんなことをワトソンから言われたら、このパターは一生手離せないはずです!
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

今回のイベントでは、参加者8人が4人ずつ2組に分かれ、ワトソンは1組につき2ホールを一緒にラウンド。写真は2組目の参加者と合流したところで、ティーショット前にはお孫さんの話で盛り上がっていました。ワトソンには、4人のお孫さんがいらっしゃるそうです。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

ワトソンのアイアンショット。雨のなかでも、絵になります! この日のワトソンは、4ホールを3つのパーと1つのボギーの、トータル1オーバーでプレー。ちなみに雨のときは、2、3ホールでグローブを替え、濡れたグローブは乾かして、また次のラウンドで使うそうです。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

この日、8人の参加者を待っていたのはワトソンだけではありませんでした。前半最後の9番パー3では、深堀圭一郎プロと丸山茂樹プロがお出迎えしてくれて、ニアピン対決です。しかも、プロに勝った人には、オデッセイのパターがプレゼントされるという豪華さでした。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

その9番ホールにワトソンも合流して、丸山プロ、深堀プロと久しぶりのご対面です。さすがの丸山プロも深堀プロも、レジェンドを前にすると、ジュニアの頃に戻ったかのような気持ちになるのでしょうか? にこやかな表情で、ワトソンとのトークを楽しんでいました。BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

さらに後半の15番パー3では、キャロウェイがサポートする若手女子プレーヤー、井上莉花選手ともニアピン対決。参加者は、井上選手の美しく見事な高弾道にびっくり。さらには、井上選手の番手を聞いて、二度驚いている人もいました。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

さらにさらに、続く16番ホールでは日本のドラコンチャンピオン、南出仁寛プロとのドラコン対決(南出プロは、7番、9番アイアンを使用)。南出プロはドラコンの後に、驚きのドライバーショットも参加者のみなさんに披露してくれました。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

ラウンド終了後には、ワトソン、深堀プロ、丸山プロも交えての懇親会が開催されました。写真は、ワトソンのサイン入りキャディバッグプレゼントを賭けての、じゃんけん大会の様子です。ワトソンが日本のじゃんけんをやっている姿は、かなり貴重なシーンかもしれません!
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

懇親会後には、ワトソン、深堀プロ、丸山プロによるサイン会、写真撮影会。参加者のみなさんはそれぞれ、色紙やキャロウェイのキャップ、ワトソンへのプレゼントなどを持参する用意周到ぶり。一人ひとりに丁寧に対応するワトソンに、みなさん、大感激の様子でした。
BIG BERTHA BETAでトム・ワトソンと 「夢のラウンド!」密着レポート

Tom Watoson トム・ワトソン
1949年9月4日生まれ。アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学卒業後、1971年にプロ転向。1974年ウェスタンオープンでPGAツアー初優勝。1975年に全英オープンでメジャー初優勝を果たすと、その後、1983年までの9年間でメジャー8勝を挙げる強さを見せ、「新帝王」と呼ばれた。ツアー通算39勝、チャンピオンズツアー通算14勝。59歳で出場してプレーオフで2位に敗れ、メジャーおよびツアー最年長優勝記録更新を惜しくも逃した2009年全英オープンは、まだ記憶に新しい。