ツアー担当が語る! WHAT’S IN THE BAG 2017 深堀圭一郎

以前、女子スタッフプレーヤーの2017年版セッティングを一気に紹介しましたが、男子プロのキャディバッグの中身も、いよいよ公開してまいります。最初に登場するのは、深堀圭一郎プロの14本。ツアー担当者によると、深堀プロは今年、各試合のコンディションに合わせて、使うクラブを変えているそうです。また、アイアンは昨年のものと同じに見えますが、厳密には違うとのこと。そこには、深堀プロならではの理由があるようです。

witb fukabori

GBB EPICドライバー 9.0°(日本未発売)
GBB EPICフェアウェイウッド 13.5°、15°(日本未発売)
BIG BERTHA ALPHA 815 ユーティリティ 20°、23°
X FORGED アイアン(2013年モデル。I#5-PW)
MACK DADDY FORGED ウェッジ 52°、58°
ODYSSEY O-WORKS #1 TANK パター
CHROME SOFT X ボール

※写真は4/10時点でのスペックであり、変更する場合がございます。

深堀プロの写真のドライバーはグローバルモデルのGBB EPICですが、コンディションによってGBB EPIC Sub Zeroを使うこともあります。Sub Zeroのほうがスピン量が少なくなるので、コースがウエットになったりしたときは、キャリーを出すためにGBB EPICのほうをチョイスします。安定した飛距離を求めるために、コンディションによって変えていこうということですね。ただ、より好みのヘッドなのは、Sub Zeroなんだと思います。ヘッドの見た目もそうですし、やっぱり深堀プロが嫌がるのは、左へのミスです。どちらかといえばSub Zeroのほうが、左に行きにくい感覚がありますね。
フェアウェイウッドも、2本ともグローバルモデルのGBB EPICですが、3番ウッドは3+で、5番にしているのは、じつは3番のヘッドです。日本モデルのSTARやSub Zeroの5番ももちろん試したのですが、球が上がり過ぎる部分がありました。深堀プロが以前使っていたRAZR FIT フェアウェイウッドのクリークは、強い球が出るタイプ。そのパフォーマンスを求めた結果、苦肉の策としてGBB EPICの3番を5番と同じ長さにつくってみたら、それがけっこうハマったということです。ヘッドの形もRAZR FITがお気に入りだったようですが、今回のモデルも構えたときの安心感や大きさは、ちょうどいいということでしたので、好みの形に近いのだと思います。
アイアンは昨年と同じくX FORGEDですが、じつは一昨年使っていたものに戻しています。昨年のものはボールが上がりやすいシャフトにしていて、実際に練習場でもいい雰囲気で振れていました。しかし、実際に試合になって力が入ったときに、たとえば抑えた球を打ちたいとなっても、うまく抑えられないという状況が多々ありました。そこで、今年は一昨年のものに戻してみようということになったわけです。最近の若手プロは、アゲインストやフォローなど、どんな状況であっても同じボールを打っていく選手が多いのですが、深堀プロはやはりベテラン。アゲインストなら低いボールといった具合に、ボールをコントロールしたいということです。
ウェッジも、新しいMACK DADDY FORGEDに変更になりました。MD 3 MILLEDなどよりも、好みの打感なのだそうです。芝が薄い場合のもの、地面が柔らかいときのものなど、コンディション別のスペアも用意しています。これらは、ソールの幅などに違いがあります。
パターは、今年のオフに、相当なテストをしました。20本以上は試して、このO-WORKS #1 TANKに行き着きました。ヘッドの座りや見た目の安心感が、これを選んだポイントだったようです。シャフトやグリップは、従来から使っているものに変えていますが。ただ、パターもドライバーと同様、コンディションによって、昨年使用していたMILLED COLLECTION SX 4Mと使い分けるようです。ヘッドが重く、あと一転がり、二転がりがある感じということで、速いグリーンや普通の速さのときは、O-WORKS #1 TANKを使います。一方、重いグリーンの場合は、MILLED COLLECTION SX 4Mです。一見、逆のように感じるかもしれませんが、重いグリーンの場合はしっかり打たなければならず、重いヘッドだと振りにくいわけです。ヘッドが普通の重さや軽いもののほうが、ヘッドスピードが速くなるということで、グリーンが重いときはMILLED COLLECTION SX 4Mになります。

深堀圭一郎
出身地:東京都
生年月日:1968年10月09日
出身校:明治大学

<プロのクラブを見てみよう!  What’s in the bag 2017>
「今年はクラブ選びの方向性がずいぶんと変わった!」 柏原明日香
「注目なのは、なんといってもアイアンの変更!」 上田桃子
「気に入ったモデルが見つかったら、それを長く愛用するタイプ」テレサ・ルー
「このセッティングは、完璧!」佐伯三貴