ツアー担当が語る! WHAT’S IN THE BAG 2017 柏原明日架

昨年大好評だった、スタッフプレーヤーのキャディバッグの中身を、キャロウェイのツアー担当が詳しくご紹介する今企画。年があらたまったということで、今シーズンのセッティングをご紹介していきます。2017年のトップバッターは、柏原明日架プロです。柏原プロといえば、クラブに「やさしさ」を求めるタイプと公言していますが、スイングを変えたことによって、今年はクラブ選びの方向性がずいぶんと変わってきているようです。

what's in the bag 柏原プロ

GBB EPIC STARドライバー 9.5°
GBB EPIC フェアウェイウッド 15°(テスト中。日本未発売モデル)
GBB EPIC フェアウェイウッド 19°(テスト中。日本未発売モデル)
XR 16 フェアウェイウッド 23°
APEX UTILITY アイアン 24°
APEX PROアイアン(2016年モデル。I#6-PW)
MD3 MILLEDウェッジ クロムメッキ 48°、52°、58°
ODYSSEY Protype Tour #2 パター
CHROME SOFT X ボール

※写真は2/27 時点でのスペックであり、変更する場合がございます。

ドライバーはGBB EPIC STARもSub Zeroも両方テストしたのですが、STARのほうがドンピシャでした。柏原プロは、女子ツアー開幕戦のドライビングディスタンスで3位。びっくりするくらい、いきなり飛びはじめています。昨年より、キャリーで10~15ヤードは飛んでいるんじゃないですか。シャフトはいま、昨年使っていたもののままですが、ほかにも、もっと飛びそうな候補があります。テストをしようと思っているのですが、でも、これだけ飛んでいるんだから、もう充分じゃないかという感じでもありますね(笑)。
フェアウェイウッドの15°と19°は、現在テスト中のものです。パフォーマンスも良く、球が上がりやすくて、やさしいそうです。なぜ、STARを選んでいないかというと、柏原プロはもともと力があって、ボールを上げられるから。アジャスタブルホーゼルのないSTARの場合、ボールが上がり過ぎるんです。アジャスタブルホーゼルがあると、少し弾道が低くなって、前に行く雰囲気のボールになるようです。
昨年までは、X HOTのユーティリティを入れていましたが、今年は入れていません。スイングチェンジをしたことで、ドローが強いボールに変わったため、シャローでグースもあるX HOTでは、ボールがつかまり過ぎるようです。でも、長くX HOTを使っていたことからもわかるように、シャローなヘッドが好きという部分もあり、厚めのXR OSユーティリティなどは構えづらい。そこで、何かないかと考えたときに出てきたのが、アイアン型ユーティリティでした。これを試したら、もうすぐでした(笑)。完璧です、と。
アイアンもつかまりを抑えるということで、昨年のAPEX アイアンからAPEX PRO アイアンに変わりました。変えるかどうか、ずっと悩んではいましたけどね。本人は常々、やさしいクラブが好きと言っていますが、このアイアンに関しては6番からということもあるので、難しくなったという印象はないそうです。
パターも、#7からブレードタイプへと変わりました。ずっと、練習用としてブレードタイプを持ってはいたのですが、大きな変化です。クラブもそうですが、オートマチックに動いてくれるものよりも、少し自分で操作をする雰囲気になっているのかもしれません。
ボールも、去年までの硬めのSR2.5から、柔らかいCHROME SOFT Xへ。これも大きな違いに感じられますが、柏原プロはボールの硬さに好みがあるタイプではなく、シーズン前にいろいろテストをして、パフォーマンス的に「このボールがいい」ということになったら、そのボールに対してロフトやスピン量など、クラブを合わせていくタイプなんです。このボールは、何よりドライバーとのマッチングが凄かったですね。1球目からびっくりするようなデータが出たんです。それで本人は、もうこれだ、となりましたね。

柏原明日架
出身地:宮崎県宮崎市
生年月日:1996年1月30日

【2016】ツアー担当が語る! WHAT’S IN THE BAG 柏原明日架